講演(セミナー)、オンラインセミナー講師/記事寄稿/コンサルティングのご依頼はホームページコンサルタント永友事務所までお気軽にお問い合わせください。
2002〜2022年セミナー講師実績・予定一覧≫
お問い合わせフォームでのご連絡≫
Facebookページを見る≫
Twitterを見る≫
Amazonで今日使えるクーポン一覧≫
LINE公式アカウント友だち追加≫

2020年01月06日

12年目の永友事務所

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・ホームページコンサルタント永友事務所の永友です。

今日は「12年目の永友事務所」というブログです。

ホームページコンサルタント永友事務所は2009年6月1日に開業(個人事業所)しました。
2009年が、約半年ですが「第1期(1年目)」、2010年が「第2期(2年目)」…で、2020年1月1日からは「第12期(12年目)」に入ります。

はっきり言いまして「あっという間」です。

この11年、12年で様々なWeb媒体が登場しました。最も大きなトピックは「SNS活用の伸長」だと思います。もはや生活にはSNSが欠かせないというかたも少なくないと思います。
同時にデジタルツールとしての「スマホ」の登場とその活用の伸長は、文化文明を変えたといっていい現象だったと思います。

スマホにより、消費者や事業者が処理できる情報は爆発的に増大しましたが、それを上回るほどの情報がSNSで流れているというのが現状だと思います。

ここで注目したいのが「単純で分かりやすい情報発信」という点です。

じつは2年ほど前から、「お客様から『わかりやすく、単純で単刀直入な説明、情報発信』も求められるようになった」という声が聞かれるようになりました。

つまり、SNSで冗長に説明をしてもお客様が読んでくれない。むしろ単純な商品案内のほうが伝わる…というような状況です。

今後の流れとしては、

●『わかりやすく、単純で単刀直入な説明、情報発信』と『じっくり読ませるコラムのような情報発信』が二極化する

と私は考えています。

二極化するとは、そのどちらかになっていくということではなく、例えばひとつの企業の情報発信の中に『わかりやすく、単純で単刀直入な説明、情報発信』と『じっくり読ませるコラムのような情報発信』が両立した状態になっていくということです。

イメージとしては、『わかりやすく、単純で単刀直入な説明、情報発信』で購入(問い合わせ)に至る消費者もいるし、またそこで納得できない消費者は『じっくり読ませるコラムのような情報発信』を参照していく…ような感じです。

『じっくり読ませるコラムのような情報発信』だ主体だった事業者は『わかりやすく、単純で単刀直入な説明、情報発信』もどこかに設置すべきだし、『わかりやすく、単純で単刀直入な説明、情報発信』で押していた事業者は『じっくり読ませるコラムのような情報発信』にも取り組んだほうが良いと思います。

≪じっくり読ませるコラムのような情報発信≫
・「想い」の発露
・「開発ストーリー」「エピソード」のような話

≪わかりやすく、単純で単刀直入な説明、情報発信≫
・キャッチコピー的要素
・「お客様目線」の表現(お客様が理解しやすく、腑に落ちる表現)


このようなポイントに留意していただければと思います。

ぜひ貴社も、この2つの観点を実践していくことをお勧めしたいと思います。12年目の永友事務所でも、この2つの観点についてしっかりとサポートさせていただきたいと思っています。

今日は「12年目の永友事務所」というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫ホームページコンサルタント永友事務所のセミナー予定を確認する


posted by わかりやすいコンサルタント at 09:12| 永友事務所の運営方針とお約束 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
 Copyright (C)ホームページコンサルタント永友事務所 All Rights Reserved.