講演(セミナー)、オンラインセミナー講師/記事寄稿/コンサルティングのご依頼はホームページコンサルタント永友事務所までお気軽にお問い合わせください。
2002〜2022年セミナー講師実績・予定一覧≫
お問い合わせフォームでのご連絡≫
Facebookページを見る≫
Twitterを見る≫
Amazonで今日使えるクーポン一覧≫
LINE公式アカウント友だち追加≫

2020年03月02日

主訴とその奥にある問題

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・ホームページコンサルタント永友事務所の永友です。

さて今日は「主訴とその奥にある問題」というブログです。

ホームページをはじめ「Web」活用について日々、経営者様とお話をしている仕事をしています。

経営者様から寄せられる相談は多岐にわたります。もちろん私に寄せられる相談は「Web活用」に関するものですが、

・ホームページをなんとかしたい

・ネット集客を頑張っていきたい

・ホームページをリニューアルした途端に反響が急減した。なんとかしたい

という、ざっくりとした表現でのご質問が一番多いです。

これはお医者さんで言えば「体調がなんとなく思わしくない」などに相当するかもしれません。

この場合は、問診して全体を確認していけばよいので、コンサルティング的には難しくありません。

難しいのはむしろ、「Googleマイビジネスについて改善したい」とか「ホームページの中身を見直したほうが良いと感じている」など、ご相談者様から具体的なツール名等の投げかけがあるときです。

そのかたが課題に感じている、主な訴えを「主訴(しゅそ)」といいますが、主訴が具体的であるほど、私は注意深くヒアリングするようにしています。

先日も、問い合わせの主訴は「ホームページの中身を見直したほうが良いと感じている」だったのですが、色々見ていくと、ホームページの中身ではなく検索集客に大きな課題があったりしました(こういうことのほうが多いです)。

こういうときに一番まずいのは、「主訴をそのまま受け取って」その対応の仕方について一方的にアドバイスをすることです。
これはコンサルティングでもなんでもなく、自己満足の世界です。

相談者様の悩みや緊急性、またその用語を使ったことについて尊重しながらも、的確にアドバイスをしていくのは、本当にいつも注意が必要です。

コンサルタントに限らず、相談業務をするかたや、組織内コミュニケーションに関わっているかたとも意見交換しながら、相談業務についてスキルアップしてきたいです。

今日は「主訴とその奥にある問題」というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫新著が出ました。Googleマイビジネス 集客の王道 〜Googleマップから「来店」を生み出す最強ツール

posted by わかりやすいコンサルタント at 10:05| 永友事務所の運営方針とお約束 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
 Copyright (C)ホームページコンサルタント永友事務所 All Rights Reserved.