講演(セミナー)/記事寄稿/コンサルティングのご依頼はホームページコンサルタント永友事務所までお気軽にお問い合わせください。
2002〜2020年セミナー講師実績・予定一覧≫
お問い合わせフォームでのご連絡≫
Facebookページを見る≫
Twitterを見る≫
Amazonで今日使えるクーポン一覧≫
LINE公式アカウント友だち追加≫

2020年07月07日

セミナー講師がフェイスシールドをして講話するときの注意点

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・ホームページコンサルタント永友事務所の永友一朗です。

今日は「セミナー講師がフェイスシールドをして講話するときの注意点」というブログです。

先日、とある団体様にてセミナー講師を務めました。

主催者様のご指示で、「マスク」および「フェイスシールド」を装着してのセミナーでした。

初めてお仕事でフェイスシールドを使ったのですが、以下のような注意点があると感じました。

・フェイスシールドを使うと声がこもる

・飲み物を飲むのが難しい

前者については、もうどうしようもないのですが、しゃべるほうはシールド内で自分の声が反響するので、極めて話しづらい状態です。

後者につては、ペットボトル用ストローキャップを購入しそれをペットボトルに付けて、飲み物を飲むようにしました。
フェイスシールドをつけていると、ペットボトルを持ち上げてぐびぐび飲むことができないので、おのずと「ストロー(キャップ)」を使うことになるのかなと思います。

今後、フェイスシールドを使ってセミナーをする講師のかたにご参考になれば幸いです。

今日は「セミナー講師がフェイスシールドをして講話するときの注意点」というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫新著が出ました。Googleマイビジネス 集客の王道 〜Googleマップから「来店」を生み出す最強ツール
posted by わかりやすいコンサルタント at 13:22| 永友事務所の運営方針とお約束 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
 Copyright (C)ホームページコンサルタント永友事務所 All Rights Reserved.