講演(セミナー)/記事寄稿/コンサルティングのご依頼はホームページコンサルタント永友事務所までお気軽にお問い合わせください。
2002〜2020年セミナー講師実績・予定一覧≫
お問い合わせフォームでのご連絡≫
Facebookページを見る≫
Twitterを見る≫
Amazonで今日使えるクーポン一覧≫
LINE公式アカウント友だち追加≫

2020年09月03日

Instagramの「Reels(リール)」は潜在顧客にも届く機能

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・ホームページコンサルタント永友事務所の永友一朗です。

今日は『Instagramの「Reels(リール)」は潜在顧客にも届く機能』というブログです。

Instagramの「Reels(リール)」は先日実装された新しい機能です。
15秒までの短い動画をアップできます。TikTok(ティックトック)のようなものです。

従来のInstagram活用は「ハッシュタグにて検索されたときに見つかること」が非常に重要でした。
それはこれからも変わりませんが、それは逆に言うと「ニーズが高まっているユーザーが」「具体的な特定の言葉で検索した時に」発見されるというのが流れでした。
欲しいものや必要なものが顕在化しているユーザーには、ハッシュタグを介して「見つけられる」ことができました。

一方、この「Reels(リール)」は「発見」タブ(ハッシュタグ検索をする場所。つまり検索直前の場所)に自動的に(そのユーザーの関心に応じて)出てくるので、

・漠然と、スイーツが好きなユーザー
・漠然と、革靴全般に興味があるユーザー

などなど、「欲しいものや必要なものが顕在化していないユーザー」にも見つけられ得るというのが特徴です。

繰り返しになりますが、これまでのInstagramでは、事業者側は「ニーズが高まっているユーザーが」「具体的な特定の言葉で検索した時に」発見されるということを「待つ」という流れでしたが、この「Reels(リール)」を使えば、「ニーズが高まっていない」ユーザーにも幅広く認知される可能性があるわけですね。

今日は『Instagramの「Reels(リール)」は潜在顧客にも届く機能』というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫Amazonで今日使えるクーポン一覧
posted by わかりやすいコンサルタント at 06:00| Instagram活用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
 Copyright (C)ホームページコンサルタント永友事務所 All Rights Reserved.