講演(セミナー)、オンラインセミナー講師/記事寄稿/コンサルティングのご依頼はホームページコンサルタント永友事務所までお気軽にお問い合わせください。
2002〜2022年セミナー講師実績・予定一覧≫
お問い合わせフォームでのご連絡≫
Facebookページを見る≫
Twitterを見る≫
Amazonで今日使えるクーポン一覧≫
LINE公式アカウント友だち追加≫

2020年12月04日

ネタが無いのは本当なのか?

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・ホームページコンサルタント永友事務所の永友一朗です。

今日は「ネタが無いのは本当なのか?」というブログです。

中小企業様のホームページ改善、Web発信の助言サポートをさせていただいていますが、
「いやあ、なかなか情報発信するネタが無いです」
と仰られるケースがあります。

率直に言えば、「ネタが無い」ということはあり得ないと私は思っています。

ネタが無い→ネタが思いつかない
ネタが無い→投稿する時間が工面できない
ネタが無い→投稿する人材がいない(スタッフに指示できていない)

ということなのかなと思います。

「ネタが思いつかない」という場合ですが、例えば「感謝を述べる」のはいかがでしょうか。

商売をしていれば、日々、誰かにお世話になっているはずです。また、そのかたがいないと、お店や会社が成立しないと思います。

●お客様
●問い合わせをいただけたかた
●取引先、仕入先
●スタッフ
●スタッフのご家族

などです。

そういうかたを具体的に思い描きながら、感謝を述べてみてはいかがでしょうか。

「皆さんには本当にお世話になっています」などの、ざっくりとした描写ではなく、「スタッフの●●さんは、▲▲の作業についてよく気づいてくれ、提案してくれたりします。他のスタッフもそれには本当に助けられていると言っています。●●さん、いつもありがとうございます。」などという感じです。

感謝する描写を読んで怒り出すかたはいません。また、貴社が社員様や関係者を大切にしていることも伝わります。
あるいは、貴社の強みなどがさりげなく伝わるかもしれません。

ネタが無ければ、感謝を述べる。今日から実践してみませんか?
今日は「ネタが無いのは本当なのか?」というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫【書籍】Googleマイビジネス 集客の王道 〜Googleマップから「来店」を生み出す最強ツール
posted by わかりやすいコンサルタント at 07:00| 中小企業のSNS活用・SNSリスク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
 Copyright (C)ホームページコンサルタント永友事務所 All Rights Reserved.