講演(セミナー)、オンラインセミナー講師/記事寄稿/コンサルティングのご依頼はホームページコンサルタント永友事務所までお気軽にお問い合わせください。
2002〜2022年セミナー講師実績・予定一覧≫
お問い合わせフォームでのご連絡≫
Facebookページを見る≫
Twitterを見る≫
Amazonで今日使えるクーポン一覧≫
LINE公式アカウント友だち追加≫

2022年04月02日

流入キーワードの「異変」を察知する

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・ホームページコンサルタント永友事務所の永友です。

今日は『流入キーワードの「異変」を察知する』というブログです。

Googleサーチコンソールは「ホームページやブログ」の流入キーワード(どんな言葉で検索されてアクセスがあったのか)が分かります。
Googleビジネスプロフィールの「インサイト」の「ビジネス プロフィールの表示につながった検索」では、ビジネスプロフィール(Googleマップの自店情報)の流入キーワード(どんな言葉で検索されてアクセスがあったのか)が分かります。

いずれにしても、検索キーワードは「ニーズ」そのものです。
ニーズ(知りたい、行きたい、買いたい、知りたい など)があるからこそ検索をするわけですから、その「言葉」はニーズそのものを表しています。
そのニーズが分かってしまうのですから、このような「検索キーワードがわかるツール」というのはとてもありがたいわけですね。

この「検索キーワードがわかるツール」を眺めると、多くの場合は「納得できるキーワード」になると思います。
川崎市の電器屋さんであれば「川崎 電器屋」などのキーワードが多いことでしょう。

一方で、「思いがけないキーワードが入っている」ことがあります。いわば流入キーワードの「異変」です。

この異変を察知するのが醍醐味であり重要なことなのです。

異変とは、自店がイメージしていないキーワードで流入がある場合です。これはイメージと現実が異なっているわけですから、
その意識を合わせる必要があります。

・思いがけない新規ニーズがあるのではないか?
・他店がそのキーワードを取りこぼしているのではないか?


などを踏まえ、商売のチャンスが生まれやすいと思います。

今日は『流入キーワードの「異変」を察知する』というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫お陰様で第5刷!【書籍】Googleマイビジネス 集客の王道 〜Googleマップから「来店」を生み出す最強ツール
posted by わかりやすいコンサルタント at 05:00| アクセス解析(ログ解析) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
 Copyright (C)ホームページコンサルタント永友事務所 All Rights Reserved.