講演(セミナー)、オンラインセミナー講師/記事寄稿/コンサルティングのご依頼はホームページコンサルタント永友事務所までお気軽にお問い合わせください。
2002〜2022年セミナー講師実績・予定一覧≫
お問い合わせフォームでのご連絡≫
Facebookページを見る≫
Twitterを見る≫
Amazonで今日使えるクーポン一覧≫
LINE公式アカウント友だち追加≫

2022年06月03日

LINE公式アカウントでの「ブロック」は皆無にはできない

こんにちは。わかりやすいホームページコンサルタント:ホームページコンサルタント永友事務所の永友一朗です。

今日は『LINE公式アカウントでの「ブロック」は皆無にはできない』というブログです。

LINE公式アカウントは、お店版のLINEです。
個人のLINEとは違い、お店や会社という立場で利用するものになります。

一般的にはLINE公式アカウントは一度来店したお客様に対して「友だち」になるように勧め、友だちになっていただいた場合は、その後、メッセージを届けることができます。
逆にいえば、来店もしたことがない方に対していきなり「友だち」になるように頼むのは難しいので、基本的には「一度でも来店したことがある既存客に対しての販促施策」ということが言えると思います。

小売店であれ飲食店であれ、何らかの理由で「友だち」になってくれたかたにメッセージを配信できるのですが、ここで悩ましいのは、場合により「ブロック」されてしまうことです。

ブロックされると、当然ながらその方に対してメッセージを送ることはできなくなります。
また、いちどブロックしたお店のブロックをその後わざわざ取り消す、ということは難しいため、本当であれば「ブロック」は無くしたいところですよね。

しかしながら、お客様もご自身の状況の変化(家庭環境の変化、引越、趣味嗜好の変化など)は起こり得るので、LINE公式アカウントの「ブロック」は壊滅することは難しいと思います。

初めてブロックされたときには非常にショックだと思いますが、避けられないものとして、ある程度の割り切りは必要かと思います。

今日は『LINE公式アカウントでの「ブロック」は皆無にはできない』というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫永友事務所ホームページでご相談事例を掲載しています。
posted by わかりやすいコンサルタント at 08:00| LINE公式アカウントの利用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
 Copyright (C)ホームページコンサルタント永友事務所 All Rights Reserved.