講演(セミナー)/記事寄稿/コンサルティングのご依頼はホームページコンサルタント永友事務所までお気軽にお問い合わせください。
2002〜2020年セミナー講師実績・予定一覧≫
お問い合わせフォームでのご連絡≫
Facebookページを見る≫
Twitterを見る≫
Amazonで今日使えるクーポン一覧≫

2020年04月01日

永友事務所のご相談事例

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・ホームページコンサルタント永友事務所の永友です。

今日は「永友事務所のご相談事例」というブログです。

永友事務所では2009年6月の開所以来、小売サービス飲食業様をはじめ、BtoB企業様や製造業様などにホームページコンサルティングを提供してきました。

その事例(一部)をまとめたのが「ご相談事例」というページです。

地域や業種、年代は問わず、ご相談の内容は意外にも似通っています。中小事業所様のWeb活用相談は共通のテーマがあるようにも思います。

もし貴社がWeb活用でお困りがありましたら、似たような事例を探すことができると思いますので、「ご相談事例」というページをご覧いただければと思います。

今日は『永友事務所のご相談事例』というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫新著が出ました。Googleマイビジネス 集客の王道 〜Googleマップから「来店」を生み出す最強ツール
posted by わかりやすいコンサルタント at 06:00| 永友事務所の運営方針とお約束 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月11日

あれから9年

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・ホームページコンサルタント永友事務所の永友です。

今日は「あれから9年」というブログです。

東日本大震災から今日で9年となります。犠牲になられた多くのかたにお悔み、お見舞いを申し上げます。

9年前のことは当然よく覚えています。

その日は夜間に県内でセミナーの予定があり、そろそろ出かける準備をしようかと思っていたさなかの出来事でした。

震災後の計画停電の影響で、その後の仕事が全てキャンセルになりました。

独立して2年が経とうとしていたときです。仕事が全てキャンセルになるというのは、精神的にもかなりのダメージでした。

このまま忘れられてしまうのでは。という思いや、コンサルタントという仕事は「必需品」ではないのだということを痛いほど知らされた日々でした。

じつはその後しばらく経って、企業内研修の依頼がありました。
それは旧来からのお客様の依頼でした。

売上という金額の問題ではなく、覚えていてくれた。救われた。そんな気がしました。

いつでも救ってくれるのは「人」であり、旧知の仲、古くからのお客様なのかもしれません。

現在のコロナウイルス禍も、いずれ、形はどうであれ何かしらの終焉を迎えるはずです。

いま厳しい状況のかたは、ぜひ旧知の仲、古くからのお客様に頼って良いと思います。お互いにこの状況を乗り越えられればと思います。

今日は「あれから9年」というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫ホームページコンサルタント永友事務所のご相談事例を見る
posted by わかりやすいコンサルタント at 08:08| 永友事務所の運営方針とお約束 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月02日

主訴とその奥にある問題

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・ホームページコンサルタント永友事務所の永友です。

さて今日は「主訴とその奥にある問題」というブログです。

ホームページをはじめ「Web」活用について日々、経営者様とお話をしている仕事をしています。

経営者様から寄せられる相談は多岐にわたります。もちろん私に寄せられる相談は「Web活用」に関するものですが、

・ホームページをなんとかしたい

・ネット集客を頑張っていきたい

・ホームページをリニューアルした途端に反響が急減した。なんとかしたい

という、ざっくりとした表現でのご質問が一番多いです。

これはお医者さんで言えば「体調がなんとなく思わしくない」などに相当するかもしれません。

この場合は、問診して全体を確認していけばよいので、コンサルティング的には難しくありません。

難しいのはむしろ、「Googleマイビジネスについて改善したい」とか「ホームページの中身を見直したほうが良いと感じている」など、ご相談者様から具体的なツール名等の投げかけがあるときです。

そのかたが課題に感じている、主な訴えを「主訴(しゅそ)」といいますが、主訴が具体的であるほど、私は注意深くヒアリングするようにしています。

先日も、問い合わせの主訴は「ホームページの中身を見直したほうが良いと感じている」だったのですが、色々見ていくと、ホームページの中身ではなく検索集客に大きな課題があったりしました(こういうことのほうが多いです)。

こういうときに一番まずいのは、「主訴をそのまま受け取って」その対応の仕方について一方的にアドバイスをすることです。
これはコンサルティングでもなんでもなく、自己満足の世界です。

相談者様の悩みや緊急性、またその用語を使ったことについて尊重しながらも、的確にアドバイスをしていくのは、本当にいつも注意が必要です。

コンサルタントに限らず、相談業務をするかたや、組織内コミュニケーションに関わっているかたとも意見交換しながら、相談業務についてスキルアップしてきたいです。

今日は「主訴とその奥にある問題」というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫新著が出ました。Googleマイビジネス 集客の王道 〜Googleマップから「来店」を生み出す最強ツール

posted by わかりやすいコンサルタント at 10:05| 永友事務所の運営方針とお約束 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月06日

12年目の永友事務所

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・ホームページコンサルタント永友事務所の永友です。

今日は「12年目の永友事務所」というブログです。

ホームページコンサルタント永友事務所は2009年6月1日に開業(個人事業所)しました。
2009年が、約半年ですが「第1期(1年目)」、2010年が「第2期(2年目)」…で、2020年1月1日からは「第12期(12年目)」に入ります。

はっきり言いまして「あっという間」です。

この11年、12年で様々なWeb媒体が登場しました。最も大きなトピックは「SNS活用の伸長」だと思います。もはや生活にはSNSが欠かせないというかたも少なくないと思います。
同時にデジタルツールとしての「スマホ」の登場とその活用の伸長は、文化文明を変えたといっていい現象だったと思います。

スマホにより、消費者や事業者が処理できる情報は爆発的に増大しましたが、それを上回るほどの情報がSNSで流れているというのが現状だと思います。

ここで注目したいのが「単純で分かりやすい情報発信」という点です。

じつは2年ほど前から、「お客様から『わかりやすく、単純で単刀直入な説明、情報発信』も求められるようになった」という声が聞かれるようになりました。

つまり、SNSで冗長に説明をしてもお客様が読んでくれない。むしろ単純な商品案内のほうが伝わる…というような状況です。

今後の流れとしては、

●『わかりやすく、単純で単刀直入な説明、情報発信』と『じっくり読ませるコラムのような情報発信』が二極化する

と私は考えています。

二極化するとは、そのどちらかになっていくということではなく、例えばひとつの企業の情報発信の中に『わかりやすく、単純で単刀直入な説明、情報発信』と『じっくり読ませるコラムのような情報発信』が両立した状態になっていくということです。

イメージとしては、『わかりやすく、単純で単刀直入な説明、情報発信』で購入(問い合わせ)に至る消費者もいるし、またそこで納得できない消費者は『じっくり読ませるコラムのような情報発信』を参照していく…ような感じです。

『じっくり読ませるコラムのような情報発信』だ主体だった事業者は『わかりやすく、単純で単刀直入な説明、情報発信』もどこかに設置すべきだし、『わかりやすく、単純で単刀直入な説明、情報発信』で押していた事業者は『じっくり読ませるコラムのような情報発信』にも取り組んだほうが良いと思います。

≪じっくり読ませるコラムのような情報発信≫
・「想い」の発露
・「開発ストーリー」「エピソード」のような話

≪わかりやすく、単純で単刀直入な説明、情報発信≫
・キャッチコピー的要素
・「お客様目線」の表現(お客様が理解しやすく、腑に落ちる表現)


このようなポイントに留意していただければと思います。

ぜひ貴社も、この2つの観点を実践していくことをお勧めしたいと思います。12年目の永友事務所でも、この2つの観点についてしっかりとサポートさせていただきたいと思っています。

今日は「12年目の永友事務所」というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫ホームページコンサルタント永友事務所のセミナー予定を確認する


posted by わかりやすいコンサルタント at 09:12| 永友事務所の運営方針とお約束 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月08日

令和元年度「中小企業組合士スキルアップ研修」講師出講

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・ホームページコンサルタント永友事務所の永友です。

今日は『令和元年度「中小企業組合士スキルアップ研修」講師出講』というブログです。

ホームページコンサルタント永友事務所代表の永友一朗は、全国中小企業団体中央会様から令和元年度「中小企業組合士スキルアップ研修」講師の用命をいただきました。

令和元年度の「中小企業組合士スキルアップ研修」は東京・名古屋・岡山・福岡・大阪・仙台・札幌の7会場です。
たくさんの中小企業組合士の皆様のご参加をお待ちしております。

詳細については全国中小企業団体中央会様のホームページをご覧ください。
https://business.form-mailer.jp/lp/00d03e3f90024

今日は『令和元年度「中小企業組合士スキルアップ研修」講師出講』というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫ホームページコンサルタント永友事務所のセミナー予定を確認する
≫【現在タイムセール中】Amazonで★4つ(高評価)以上がついているお買い得な商品一覧を見る
posted by わかりやすいコンサルタント at 18:07| 永友事務所の運営方針とお約束 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月05日

法人向けサービス業はブログ・SNSを使った方が良い理由

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・永友事務所の永友一朗です。


今日は「法人向けサービス業はブログ・SNSを使った方が良い理由」というブログです。


先日、山梨県の甲府商工会議所様にて「お客様目線のWeb活用術」セミナー講師をさせていただきました。


このセミナー演目はワークが中心で、InstagramTwitterGoogleマイビジネスなどの個別ツールについて触れる内容ではないので、比較的に質問(質疑応答)は少ないです。


この日も、最後の質疑応答の時間ではどなたも挙手が無かったのですが、終了後に個別に質問をいただきました。


その中で、


「ホームページのリニューアルを考えているのですが、どの制作会社さんが良いかまったく見当がつきません。信頼できる制作会社さんはどこでどのように調べて、選べば良いのでしょうか?」


というご質問がありました。


このように、「たくさんの制作会社(印刷会社、デザイナー、税理士、経営コンサルタントなども含まれます)があること自体はじゅうぶん知っているが、どのようにしたらその中から『信頼できる』会社さんを選べるのか、わからないので、そこで頓挫して計画が進んでいない」というお話は非常によく聞きます。


実際、検索すればたくさんの「法人向けサービス業」が出てきますが、その中から「信頼できるところ」を探し当てるのは至難の業であるように思います。


私はこの仕事を20年ほど行っていますが、『(契約前に)その会社が信頼できるかどうかは、担当者と会ってみないとわからない』と思っています。


しかし実務的に、検索で出てきた順に上から片っ端から呼んで話を聞くというのは非現実的です。だからこそ「たくさんの会社があることは知っているが、選べない」という状況になるわけですね。


つまり提供側(法人向けサービス業)は、検索で上位に出たりすることもとても大事なわけですが、いかに「実際に会ってみよう」と思わせるかが肝心だったりします。


ということで、前置きが長くなりましたが、法人向けサービス業はブログ・SNSを使った方が良いと私は考えています。自社の考えや実績、想いなどを伝えるためです。うまくいけば、「契約を前提とした」面談が増えることでしょう。


なおホームページコンサルタント永友事務所では、20年の活動を通して「信頼できる」法人向けサービス業様を複数知っていて、いつでも(当該企業からいっさい紹介手数料をいただかずに、中立的な立場で)ご紹介できます。ホームページコンサルティングの一環として、クライアント様の「時間短縮」に貢献したいと考えています。


今日は「法人向けサービス業はブログ・SNSを使った方が良い理由」というブログでした。いつも本ブログを最後までお読みいただき、ありがとうございます。

≫永友事務所セミナー予定はこちらでご確認いただけます

posted by わかりやすいコンサルタント at 10:21| 永友事務所の運営方針とお約束 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月12日

講演/セミナーの実績と予定

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・ホームページコンサルタント永友事務所の永友です。

ホームページコンサルタント永友事務所では、商工団体様のセミナー講師を受託しています。
お盆過ぎ、秋以降にもセミナーが予定されていますので、日程や開催地の情報は、「講演/セミナーの実績と予定」というページにてご確認をいただければ幸いです。
https://8-8-8.jp/lecturer/lecturer_schedule

開始前や休憩中、セミナー後の質問等は大歓迎ですので、ぜひ日頃の疑問をぶつけてみてください。

今日は講演/セミナーの実績と予定についてご案内をさせていただきました。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫「永友式ホームページ改善とWeb活用法」を実践した経営者様からの声
≫【現在タイムセール中】Amazonで★4つ(高評価)以上がついているお買い得な商品一覧を見る
posted by わかりやすいコンサルタント at 09:17| 永友事務所の運営方針とお約束 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月04日

セミナー講師の現場対応

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・ホームページコンサルタント永友事務所の永友です。

梅雨明けからずっと暑い日が続いていますね。富山県にお邪魔した時も、地元神奈川と同じくらい暑かったので驚きました。

さて今日は「セミナー講師の現場対応」というブログです。

一般的にセミナー講師、特に(自主セミナーではなく)主催者様に委託され講話を行う講師は、

・セミナー趣旨の確認と受託
・セミナーのレジメ(資料)作成
・講話(当日)

という流れで出講を行っていきます。

「セミナー講師あるある」として、「セミナー趣旨の確認」の段階で伺っていた受講者像と、当日の参加者の実態が大きく違う、ということも、結構あります。

・伺っていた参加者様と「業種」が違う
・伺っていた参加者様と「レベル」が違う
・伺っていた参加者様と「年齢層」が違う

これがよくある相違です。

「年齢層(の相違)」は、参加者様が会場入りしつつある段階ですぐ分かるものですが、「レベル」などは、話し始めてみて、反応を見ながら肌で感じるものです。受講者様の表情を見ながらお話をすることは必須です。
※ちなみに壇上にスポットライトを当ててくださるケースもあり、その場合は受講者様の表情が見えなくなるので、スポットライトを消していただいたり、弱くしていただいたりします。

セミナー講師は、既に作ってある資料をただ読んでいるのではなく、意外に色々なことを察しながら、臨機応変に話を変えています。

今日は「セミナー講師の現場対応」というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫ホームページコンサルタント永友事務所のセミナー予定を確認する
≫【現在タイムセール中】Amazonで★4つ(高評価)以上がついているお買い得な商品一覧を見る
posted by わかりやすいコンサルタント at 06:00| 永友事務所の運営方針とお約束 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月02日

なぜ「ホームページコンサルタント」と名乗っているのか?

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・ホームページコンサルタント永友事務所の永友です。

今日は町内会の地引網のお手伝いがあり、朝から出かけて過ごしてきました。
湘南海岸では「しらす」が獲れます。いわゆる「生しらす」は今年も見ることができました。
それから鯵の仲間だったでしょうか。湘南海岸は大衆魚がよく獲れます。

さて今日は『なぜ「ホームページコンサルタント」と名乗っているのか?』というブログです。

時折、色々なかたから言われることがあります。

「なぜ、わざわざ『ホームページ』コンサルタント永友事務所という名称にしたのですか?」

その場合はたいてい、「他の名前のほうが良いのでは…」というニュアンスで言われます。

理由は2点あります。

(1)「ホームページ コンサルタント」という検索キーワードで1位表示を狙ったから

これはもうこのままの理由です。現在も「ホームページ コンサルタント」で1位表示で、検索結果1ページ目の10件のうち5件は私関連のサイトが表示されます。それで実際、「ホームページ コンサルタント で検索したら1番に出てきたのでコンサルティングの依頼をしようと思いました」という引き合いが多いです。

(2)中小企業・店舗経営者様がどのような言葉を使うか、という観点から

私のクライアント様は「中小零細事業所・店舗の経営者様」です。
その「中小零細事業所・店舗の経営者様」は、Webサイト(いわゆる「ホームページ」)、ブログ、SNS、など、ひっくるめて「ホームページ」と表現されることが少なくありません。
※若めの経営者様は、逆にWebサイトのことも「SNS」と言ったりするので、そこは悩ましいです…。

つまり「ホームページコンサルタント永友事務所」の中の「ホームページ」という言葉は、狭義の「Webサイト」のことを指しているのではなく、「Web(Web媒体)」というものを指しているのです。

そんなことで、これからも「ホームページコンサルタント永友事務所」と名乗っていきたいと思っています。

今日は『なぜ「ホームページコンサルタント」と名乗っているのか?』というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫ホームページコンサルタント永友事務所の業種別ご相談事例を見る
≫【現在タイムセール中】Amazonで★4つ(高評価)以上がついているお買い得な商品一覧を見る
posted by わかりやすいコンサルタント at 19:37| 永友事務所の運営方針とお約束 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月27日

目つきが変わる瞬間

こんにちは。わかりやすいホームページ相談・永友事務所の永友です。

今日は暖かくなりそうな湘南藤沢です。花粉もそろそろ終盤でしょうか。

さて今日は「目つきが変わる瞬間」というブログです。

昨日ですが神奈川県川崎市内の、とある小売店様のホームページコンサルティングでした。

まもなく創業60周年という小売店様で、現在は二代目のご主人がおひとりで頑張っていらっしゃいます。

商売としては昔からある、というより商店街に欠かせないご商売です。

しかし、近隣に大規模な商業施設ができたことから、だんだんとお客様が減ってしまったとのことです。

ホームページビルダーで作成したホームページを手直しできなくなっていて、それを改めて頑張って手直しをするか、といってもそのためにパソコン(ウィンドウズXP)を買い替えたりする必要もありそうで、判断できずにずっと放置していたとのことです。

色々な要素を協議しましたが、ご主人がタブレットをお使いであることが分かったので、Jimdoのアプリ版でホームページを自作するということになりました。
このご主人は機械類の操作がお得意で、非常に飲み込みがよく、驚きました。

操作のご説明や、画像加工アプリ「Canva」のご説明などが一通り終わった後、今後のWeb運営の方途について話をしていたときのことです。

「今は私一人でやっていて、何かを改善していく元気もないんですよ」
「数年前までは、チラシを作って地域の皆様に告知をしたものですが、今はもうその気力が無いんです」
「以前は高級な●●が売れたものですが、最近はパッタリです…」
「あと何年出来ることやら…」

そのような言葉が続きました。

私はホームページ以外のWeb発信の可能性も探ろうとして、SNSについてご説明をはじめました。

「いやいや、私はSNSのようなものは馴染みが無く…炎上もさせてしまうかもしれませんし…」

と、控えめな発言が続くご主人でしたが、Instagramのハッシュタグ検索で、このご商売に関する写真投稿をご覧になった瞬間、ご主人の目つきが変わりました。

私はこの瞬間を待っていました。というより、この瞬間を創出するのがコンサルタントの役目であろうと思います。

「なるほど…そうか…このような仕組みで全国規模で集客ができるのか。だから、最近当店への引き合いが減っていたのかもしれない…」

商売人の魂に改めて火が灯された瞬間です。

ご主人はすぐさまInstagramをダウンロードし、ハッシュタグを付けて写真投稿を開始しました。

「当店の▲▲について告知したほうがよいですね」
「Instagramからホームページにリンクを張ることもできるのですか?」

など、言葉そのものが前向きなものに変わっていきました。なお▲▲は、このお店ならではの、素晴らしい技術を伴うポイントで、事実、数年前までは全国から注文があったものだそうです。

昨日のご主人のように、「今後どうしたらよいか分からず、暗中模索になっている」というような、気持ちに”よどみ”が出来て活動が停滞しているお店が日本中にたくさんあると私は思います。
そしてその停滞によって、お店の本来の素晴らしさが表出せず、商売の活力が停滞するだけでなく、地域住民や国民の不利益につながっていると、私は思っています。

おこがましい言いかたになりますが、私はご縁をいただいた経営者様の人生を変えたいと思っています。その切り口が「Web」であり、私はそのことしか分からない人間ですので、他分野の専門家様と連携しながら活動しています。

このお店様は、昨夜遅くもInstagramを更新し、「ビジネスプロフィール」に自力で変更したりして、前向きに取り組んでいます。
いままでまったく意識していなかったSNSという世界で、自分の客層が着実に奪われている現実を目の当たりにしたご主人は、しっかりとスイッチが入ったように思います。

あなたの周りに、もし停滞感のある経営者様がいらっしゃったら、ぜひ商工会議所・商工会に相談したり、セミナーに出る等、変化になるきっかけを教えてあげてください。私は中小事業者の”よどみ”を無くすことが、地域社会や日本経済、子どもたちの未来につながっていくと確信して活動しています。

今日は「目つきが変わる瞬間」というブログでした。いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
≫永友事務所のご相談事例を見る
≫Amazonで今日使えるクーポン一覧
posted by わかりやすいコンサルタント at 08:56| 永友事務所の運営方針とお約束 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
 Copyright (C)ホームページコンサルタント永友事務所 All Rights Reserved.