講演(セミナー)、オンラインセミナー講師/記事寄稿/コンサルティングのご依頼はホームページコンサルタント永友事務所までお気軽にお問い合わせください。
2002〜2022年セミナー講師実績・予定一覧≫
お問い合わせフォームでのご連絡≫
Facebookページを見る≫
Twitterを見る≫
Amazonで今日使えるクーポン一覧≫
LINE公式アカウント友だち追加≫

2009年11月03日

「施工後」の写真はきれいに編集する

おはようございます。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日は、『画像処理(写真編集)』のカテゴリ、

『「施工後」の写真はきれいに編集する』

というテーマです。

ハウスクリーニングやリフォーム、金属研磨などの業種の
ホームページでは、「施工前、施工後」という比較写真を
掲載することが多いでしょう。

これら業種のホームページを数多く見ていますが、

・内容はよさそうなのに、施工後の写真が雑で損している

と感じるケースが少なくなりません。

写真が雑に感じる原因は、

・撮影時の問題(乱暴な構図、逆光、白飛び)
※白飛びとは、フラッシュなどで部分的に光が反射して
一部、白く色が飛んだようになることをいいます

・画像処理の問題(解像度を極端に下げることでのシャギー出現)
※シャギーとは画像のギザギザのことです

があります。

「こうありたい」という姿が雑では依頼する気も萎えてしまいます。

施工後の商品や部品は、あなた自身の投影と考え、一生懸命に
施工したわけですから、一生懸命きれいに撮って、適切に
ホームページに掲載していきましょう!

--文責・ホームページコンサルタント永友事務所-------------
▼ホームページ運営初心者・入門者に特化したアドバイス
▼ビジネスブログの導入、運営アドバイス
▼対面/通信コンサルティングであなたのホームページを診断指導

代表 永友 一朗
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
電話:0466-25-8351 Fax :0466-25-8352

中小零細企業の「魅力」「強み」を、お客様に
「効果的に」伝えられるよう助言しています。

神奈川県商工会連合会エキスパートバンク登録
東京都商工会連合会エキスパートバンク登録
横浜ベンチャーポート専門アドバイザー登録
(社)日本皮革産業連合会企業支援ネットワーク登録Web活用アドバイザー
川崎市中小企業サポートセンター登録専門家


お問い合わせは、フォームからのメールが一番迅速です
https://ssl.form-mailer.jp/fms/7e0257a48790
---------------------------------------------------------
posted by わかりやすいコンサルタント at 09:00| Comment(0) | 画像処理(写真編集)とWebデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月23日

デジカメ画像の縮小に適したソフト「縮小専用。」

おはようございます。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日は、『画像処理(写真編集)』のカテゴリ、

『デジカメ画像の縮小に適したソフト「縮小専用。」』

というテーマです。

デジカメの写真をブログに載せよう…と思ったとき、
画質の良い設定で撮影したデジカメ写真(画像)をそのまま
載せると、巨大な画像になってしまいますね。

通常は「サムネイル」という機能で、「表面上は」縮小したように
見せて掲載することが多いと思いますが、

・実際は画質がよい(原本の)ままなので、データとしては
重い(サーバ容量を食う)

というデメリットがあります。

また、場合によっては

・サムネイルすると、なんとなくギザギザした感じになる
(シャギーがかかる、と言います)

というケースもあります。

ですので私は、

「出来れば、画像処理(画像編集)ソフトで小さくしてから
ブログに載せましょう」

とアドバイスしています。

本当は「Photoshop」などの専用画像処理(画像編集)ソフトが一番
望ましいのですが、それなりに金額が張ります。

無料の画像処理ソフト…という場合には、「縮小専用。」という
フリーソフトをおススメしています。

ソフトを開いて、収めたいサイズを指定して、画像を放り込む
だけで、すぐに縮小画像が出来上がります。
直観的で使いやすいソフトだと思います。

いつものお願いになりますが、ダウンロードは自己責任で
お願いいたします。

今日は「縮小専用。」をご紹介しました。
参考になれば幸いです。

--文責・ホームページコンサルタント永友事務所-------------
▼中小企業HPの第三者評価、セカンドオピニオン
▼起業家などHP運営初心者・入門者に特化したアドバイス
▼安心の「30日間の完全返金保証制度」付きコンサルティング

代表 永友 一朗
【主たる連絡先:藤沢駅前事務所】
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
【本社】
〒251-0001 神奈川県藤沢市西富583-2
電話:0466-25-8351 Fax :0466-25-8352

中小零細企業の「魅力」「強み」を、お客様に
「効果的に」伝えられるよう助言しています。

神奈川県商工会連合会エキスパートバンク登録
東京都商工会連合会エキスパートバンク登録
横浜ベンチャーポート専門アドバイザー登録
(社)日本皮革産業連合会企業支援ネットワーク登録Web活用アドバイザー
川崎市中小企業サポートセンター登録専門家


お問い合わせは、フォームからのメールが一番迅速です
https://ssl.form-mailer.jp/fms/7e0257a48790
---------------------------------------------------------
posted by わかりやすいコンサルタント at 09:00| Comment(0) | 画像処理(写真編集)とWebデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月22日

ドロップシャドウは下につけるのが基本

おはようございます。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日は、『画像処理(写真編集)』のカテゴリ、

『ドロップシャドウは下につけるのが基本』

というテーマです。

画像に影をつける画像処理技法があります。これを
「ドロップシャドウ」と言います。

例えばこのブログの左側、永友の写真の下に、「プロフィール詳細」
という紺色のボタンがありますね。

このボタン、よ〜く見ると、下側と右側に、少し影が付いている
のは、お分かりでしょうか?

こういうのを「ドロップシャドウ」と呼ぶのですが、これは
「影を上側につける」ことも可能です。

ドロップシャドウは画像に立体感を出すために行う手法なので、
理屈の上では「影を上側につける」のもOKなのですが、
自然の法則から言って、影は下に付きますよね。

ホームページの閲覧者が自然に理解できるカタチを提示するのが
スムーズな閲覧につながるわけですから、ドロップシャドウの
影は下に付けるのが、最善と言えます。

ドロップシャドウに限らず、技法を学ぶとなんでも実践したく
なってしまいますが、影は下に付ける。この自然な感覚を
忘れないでいただきたいと思います。

--文責・ホームページコンサルタント永友事務所-------------
▼中小企業HPの第三者評価、セカンドオピニオン
▼起業家などHP運営初心者・入門者に特化したアドバイス
▼安心の「30日間の完全返金保証制度」付きコンサルティング

代表 永友 一朗
【主たる連絡先:藤沢駅前事務所】
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
【本社】
〒251-0001 神奈川県藤沢市西富583-2
電話:0466-25-8351 Fax :0466-25-8352

中小零細企業の「魅力」「強み」を、お客様に
「効果的に」伝えられるよう助言しています。

神奈川県商工会連合会エキスパートバンク登録
東京都商工会連合会エキスパートバンク登録
横浜ベンチャーポート専門アドバイザー登録
(社)日本皮革産業連合会企業支援ネットワーク登録Web活用アドバイザー
川崎市中小企業サポートセンター登録専門家


お問い合わせは、フォームからのメールが一番迅速です
https://ssl.form-mailer.jp/fms/7e0257a48790
---------------------------------------------------------
posted by わかりやすいコンサルタント at 09:00| Comment(0) | 画像処理(写真編集)とWebデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月07日

「素材集」を使って画像加工の省力化を

おはようございます。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

現在、通信コンサルティングに入っているご相談者さまから、

「永友さん、嬉しい事に想定しているターゲット層から
ブログ経由で申し込みがありました!
永友さんの言葉『ジワジワ効いてくる』を信じて行動してきた
おかげだと思っています。ありがとうございます!」

と嬉しいご連絡をいただきました。

Hさま、本当に本当に良かったですね!!
このHさまは、結果がついてこない中でも決して諦めず、
ブログで丁寧にUSPを訴求していくことに注力してきました。

ブログ更新など、継続して努力していれば、それを必ず
誰かが見ているものです。
1〜2度のブログ訪問は「冷やかし」で、継続して記事を読んでいき
納得の上でアクション(問い合わせ、予約)に移すお客様は
多いのです。

Hさま、これからもこの調子でやっていきましょう!

さて今日は、『画像処理(写真編集)』のカテゴリ、

『「素材集」を使って画像加工の省力化を』

というテーマです。

ホームページを自作されている方にはお分かりと思いますが、
HP制作全体の時間の中で、「画像の加工」に費やす時間は
相当多いのではないでしょうか?

その実務作業自体、はた目から見れば「画像(加工)で遊んでいる」
みたいに思われ、
「そんなことで引き合いにつながるのかよ!」
みたいな、”批判”を浴びやすい作業項目ですね。

デジカメで撮った写真の加工は仕方がないとしても、

・ボタンを作る
・バナーを作る
・ちょっとしたマークを作る

などの作業は、「素材集」を使うと省力化出来ますので、
うまく活用してください。

「素材集」とは、プロ/アマ問わず「画像」の制作者が、Webなどで
使える画像を有償/無償で使ってよいといって提供している
ソフトやWebサイトのことです。

この「素材集ソフト」は、家電量販店などで8000円〜3万円程度で
売っていますが、ここでご紹介したいのは、

・無料で、商用利用OKな素材集Webサイト

をうまく活用しましょうということです。

「素材 無料 商用」などで検索すると多くの素材集Webサイトが
出てきますので、お気に入りの素材集Webサイトから画像を
もらい、自社ホームページの制作に使うと、とても省力化
できますよ。

その素材集Webサイトによって、

・無条件で画像を使用してよいもの
・HPからリンク(紹介)することで、使用してよいもの
・個人の利用はOKだが、ビジネス利用は不可なもの

などいろいろありますので、利用規約をよく読んでから
利用しましょう。

私個人的には、

・アイコン・イラスト素材の無料素材倶楽部
・フリー素材「取り放題.com」
などの画像を使わせてもらうことが多いです。

画像加工の省力化が出来た時間は、ぜひ、PR文章を考える、
ページの中の訴求が弱いところを補うなど、有効に使って
いきましょう!

--文責・ホームページコンサルタント永友事務所-------------
▼中小企業HPの第三者評価、セカンドオピニオン
▼起業家などHP運営初心者・入門者に特化したアドバイス
▼安心の「30日間の完全返金保証制度」付きコンサルティング

代表 永友 一朗
【主たる連絡先:藤沢駅前事務所】
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
【本社】
〒251-0001 神奈川県藤沢市西富583-2
電話:0466-25-8351 Fax :0466-25-8352

中小零細企業の「魅力」「強み」を、お客様に
「効果的に」伝えられるよう助言しています。

神奈川県商工会連合会エキスパートバンク登録
東京都商工会連合会エキスパートバンク登録
横浜ベンチャーポート専門アドバイザー登録
(社)日本皮革産業連合会企業支援ネットワーク登録Web活用アドバイザー
川崎市中小企業サポートセンター登録専門家


お問い合わせは、フォームからのメールが一番迅速です
https://ssl.form-mailer.jp/fms/7e0257a48790
---------------------------------------------------------

posted by わかりやすいコンサルタント at 09:00| Comment(0) | 画像処理(写真編集)とWebデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月02日

HP編集ソフトでは画像の変倍に気をつける

おはようございます。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

今日は、『SEOとホームページ運営実務』のカテゴリ、

『HP編集ソフトでは画像の変倍に気をつける』

というテーマです。

1、自社ホームページを自作することになった
2、一番売れている「ホームページビルダー」を購入した
3、デジカメ写真をホームページに入れたくなった
4、画像編集ソフトは高いので、ホームページビルダーに付属の
画像ソフトで編集しようと思った
5、思ったが、少し難しく感じた
6、良く見ると、ホームページビルダーそのもの(html編集画面)
でも、画像の大きさ程度なら編集できることを知った


・・・これは、非常に良くあるケースです。

私も約10年前、個人のホームページを初めて作った時は、この流れ
そのものでした。

こういうとき、だれしもが経験するのが画像の縦横比がおかしく
なってしまうことです。

HP編集ソフトの編集画面で画像の大きさを変えようと思ったら、
メロンの写真がつぶれて大福みたいになってしまった、という
経験はありませんか?

これを、「変倍」(へんばい)と言います。

naga_01.jpg
これは、正しいケース。縦200ピクセル、横150ピクセルです。

naga_02.jpg
これが、変倍してしまったケース。縦150ピクセル、横200ピクセルに
なってしまったケースです。

気をつけるといっても、特段難しことではありません。
オリジナルサイズの画像の大きさを、縦横でしっかり確認しておき、
縦横とも同じ比率で縮小(サイズを小さく)すればよいのです。

「ホームページビルダー2001」の頃は、画像を同率で拡大縮小する
機能が付いておらず(私が知らなかっただけかもしれませんが)、
いちいち計算機で縦横を計算して編集したものです。

今はおそらく、同率で拡大縮小する機能は付いているものと思いますが、
同率で拡大縮小しないから画像がおかしくなる(変倍する)ことは、
知っておいて損はないと思います。

--文責・ホームページコンサルタント永友事務所-------------
▼中小企業HPの第三者評価、セカンドオピニオン
▼HP運営初心者・入門者に特化したアドバイス
▼安心の「30日間の完全返金保証制度」付きコンサルティング

代表 永友 一朗
【主たる連絡先:藤沢駅前事務所】
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
【本社】
〒251-0001 神奈川県藤沢市西富583-2
電話:0466-25-8351 Fax :0466-25-8352

中小零細企業の「魅力」「強み」を、お客様に
「効果的に」伝えられるよう助言しています。

お問い合わせは、フォームからのメールが一番迅速です
https://ssl.form-mailer.jp/fms/7e0257a48790
---------------------------------------------------------
posted by わかりやすいコンサルタント at 10:51| Comment(0) | 画像処理(写真編集)とWebデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

ボタンや画像は「黄金比」にこだわらない

こんにちは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

このブログは、企業ホームページ運営に関してご心配やお悩みを
持っていらっしゃる中小零細企業さまのよき相談相手になれるよう、
そして実戦的なアドバイスをしたい!そんな思いから書いています。

今日は、『SEOとホームページ運営実務』のカテゴリ、

『ボタンや画像は「黄金比」にこだわらない』

というテーマです。

特にホームページを自作される中小企業さまとお話を
していると、

「永友さん、画像とかメニューボタンの大きさ(縦横比)は
どうやって決めればよいのですか?」


というご質問をいただきます。

私は、

「決まりはないんですよ。社長様のお好みで大丈夫ですよ。
ご自身が見るホームページで、”良いな”と思う画像の
縦横比などを参考にしてもよいと思いますよ」

とお答えします。

この「ルールがあるのか、ないのか」ということって、
入門者の方には、結構な心理負担ですよね。
こういうたぐいのご質問の時は、いつもより(いっそう?)穏やかに
お話をするようにしています(^^)。

さて、この画像の縦横比の話題になると、

黄金比という比率が良いと聞いたのですが…」

と仰る社長様もおられます。

よくご存じだと思いますが、やってみると案外、この
黄金比のままでボタン/画像を作ると、結構、間延びします。

黄金比のことは以下のページでご覧いただきたいのですが、
黄金比 - Wikipedia
概ね1:1.618の割合でバランスを取ると、美しく感じられる…
という比率のことです。

ホームページの場合、ボタンなどの単品画像でこの黄金比(1:1.618)を
採用すると、このような感じになります。

mekki0605.jpg

ちょっと縦が長い(高さが高いとも言います)と思いませんか?

特にこれをメニューボタンとして縦に並べる場合、相当、縦が
長くなってしまうのです。

ということで結論的には、

・ボタンや画像は「黄金比」にこだわらない

ということを、お話するようにしています。


--文責・ホームページコンサルタント永友事務所-------------
▼中小企業HPの第三者評価、セカンドオピニオン
▼HP運営初心者・入門者に特化したアドバイス
▼安心の「30日間の完全返金保証制度」付きコンサルティング

代表 永友 一朗
【主たる連絡先:藤沢駅前事務所】
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
【本社】
〒251-0001 神奈川県藤沢市西富583-2
電話:0466-25-8351 Fax :0466-25-8352

中小零細企業の「魅力」「強み」を、お客様に
「効果的に」伝えられるよう助言しています。

お問い合わせは、フォームからのメールが一番迅速です
https://ssl.form-mailer.jp/fms/7e0257a48790
---------------------------------------------------------
posted by わかりやすいコンサルタント at 10:56| Comment(0) | 画像処理(写真編集)とWebデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月19日

タテ位置の写真を配置してみる

こんばんは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。

このブログは、企業ホームページ運営に関してご心配やお悩みを
持っていらっしゃる中小零細企業さまのよき相談相手になれるよう、
そして実戦的なアドバイスをしたい!そんな思いから書いています。

今日は、『SEOとホームページ運営実務』のカテゴリ、

「タテ位置の写真を配置してみる」

というテーマです。

ホームページに貼る画像(写真)は、通常、ヨコ位置が多いですね。
視覚的にも安定して、納まりがよいのが特徴ですが、その逆発想で
「タテ位置の写真を配置してみる」と、以下のような効果が出ます。

・注意をひく

・画像(写真)の内容そのものが印象的になる


「Afternoon Tea」のホームページは美しく印象的ですが、
”タテ位置の写真”がうまく機能していると思いませんか?

Afternoon Tea TEAROOM Menu

同じ趣旨ですが、画像に乗せる文字(テキスト)をタテ位置に
すると、注意をひきます。

KKR逗子松汀園


発想をいつもと変えてみる。今日は「タテ位置の写真を配置してみる」
というテーマでした。
posted by わかりやすいコンサルタント at 23:21| Comment(0) | 画像処理(写真編集)とWebデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月09日

撮り損ないの写真はモノクロにしてみる

こんばんは。ホームページコンサルタントの永友一朗です。
今日は初夏の陽気というより、まさに”夏”でしたね。

このブログは、企業ホームページ運営に関してご心配やお悩みを
持っていらっしゃる中小零細企業さまのよき相談相手になれるよう、
そして実戦的なアドバイスをしたい!そんな思いから書いています。

今日は、『SEOとホームページ運営実務』のカテゴリ、

「撮り損ないの写真はモノクロにしてみる」

というテーマです。


今日は休日。家族で近所の公園に出かけました。

緑色が目に鮮やかなイチョウ(銀杏)があったので、携帯電話で
撮影しました。

自宅に帰りパソコンで改めて見てみると、ビックリするくらい
何の変哲もない写真になっていました(笑)

090509_1623~0001.jpg

携帯電話のせいではありませんね。私の腕が悪いのです。

こういう、そのままでは使えないような写真(画像)は、
思い切ってモノクロ(白黒)にすると、アクセントに使えたりします。

090509_1623~0002.jpg

お菓子とか飲食系のホームページ/ネットショップさまの商材写真
などでも、「使えないな」と思う写真も、モノクロにすることで
ホームページのアクセントになったりしますので、ちょっと覚えて
おいていただけたらと思います。
posted by わかりやすいコンサルタント at 23:55| Comment(0) | 画像処理(写真編集)とWebデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月07日

文字に境界線をつけてメリハリを出そう

こんばんは。中小零細企業のホームページコンサルタント・永友一朗です。
このところ、よく雨が続きますね。
花粉も流れてくれればよいのですが…(^^)

今日は、画像でテキスト(文字)を記載する時の注意点について
書いてみます。

こういう仕事をしていますので、WEBはもちろん、紙媒体
(車内刷りや屋外のポスター類、雑誌、チラシ等)をよくチェックします。

すると、結構大手の企業でも、文字のメリハリが付いていない
デザインが多いことにびっくりします。

今回お伝えしたい「メリハリ」は、「地の色と文字の色」の
差を指します。

色味(色相)が近い場合、可読性が低くなる、すなわち
認識しづらい→理解しづらいとなり、メリットはありません。

  #お金をかけて広告してメリットが無いということは、
   損をしていることに他なりませんね。

また、視覚障害のある方にとっては大変見づらくなってしまいます。


たとえば、以下の画像は地と字の色相が近い例です。

okaidoku0001.jpg

読みづらく、また少々野暮ったい気もしますね。

この色相を維持したい(ピンク色のイメージを保持したい)場合は
メリハリを付けるしかありません。

一番シンプルなのは、文字に「境界線を付ける」ことです。
画像処理ソフトで行います。

okaidoku0002.jpg

だいぶ読みやすくなったのではないでしょうか?

またお好みで、「ドロップシャドウ」という機能で影をつけても
良いと思います。

okaidoku0003.jpg

※ドロップシャドウも、やりすぎは野暮ったくなります。


HP制作業者にホームページ制作を依頼した場合でも、画像の
文字の可読性が低いと感じたら、遠慮なく注文を付けましょう。

toiawase001.jpg


posted by わかりやすいコンサルタント at 00:13| Comment(0) | 画像処理(写真編集)とWebデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月03日

商材撮影はパッケージから出して行おう

こんばんは。中小企業のホームページコンサルタント・永友一朗です。
雪が降る寒い夜です!
明日は凍結に注意したいですね。

さて、このブログではまだ、商材撮影のことを記事に
していなかったですね。

ホームページやネットショップに載せる商品画像の撮影を
商材撮影と言ったりします。

私は写真が趣味で、また美しい写真(特にデザイン家具系、
料理系など)を見るのも大好きですので、商材撮影のことについて
実務ではいろいろアドバイスをしてきました。

最近も、ある和菓子屋さんのホームページコンサルティングで
様々なアドバイスを実施しましたが、この商材撮影のことは
相当項目、助言をさせていただきました。

経験上、和菓子屋さんのホームページが10店舗分あったら
8〜9店舗は、「フツーの」撮影をしています。

ここでいう「フツーの」とは、

・箱に入ったままの菓子を、真上から撮る。

・最中(もなか)の薄紙等、商品に直接梱包する資材を
 取らずにそのまま撮影する。

・ショーケースの外(お客様が見たような目線)から撮る。

ということを指しています。

これでは、フツーのお店なんですね。

ネットで頭角を出すには、

パッケージから商品(お菓子)を出して、お皿に載せて
和紙、巻きす、葉っぱ、湯呑に入ったお茶等の演出アイテムを
使って、雑誌のカメラマンになったつもりで撮影する

等ということをアドバイスしています。

この、パッケージから商品(お菓子)を出す、という、ごく
些細なことに気付かない店主様が多いのです。

お客様は食べるときのイメージを考えて消費行動をとります。
食べるときには、パッケージは不要ですね?

その気にさせる、シズル感を出すためにも、上記のポイントを
押さえて商材撮影をなさってくださいね。
posted by わかりやすいコンサルタント at 22:53| Comment(0) | 画像処理(写真編集)とWebデザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢972-1-1209
 Copyright (C)ホームページコンサルタント永友事務所 All Rights Reserved.